これを使えば新車復活!そんなものはありません。洗車の極意をすべて見せます。洗車のツボ
Produced by Linkbeautycars
HOME ITEM SERVICE COMPANY PRIVACY SHOPLOW PROFILE ショッピングカート
無料メールマガジン
「洗車の裏ツボ」
表の洗車のツボではあらわにできない話題をあなたにお届けします。
詳細・登録はこちらから
よくある洗車の誤解やすぐに使える即効テクニック。さらに弊社がお届けする新開発商品の無料モニターなど裏ツボ会員だけが受け取れるメリットが満載。



洗車アイテム
ケミカル
スポンジ
ウエス
スーパーワックス
ウィンドウ関連
コーティング剤その他
洗車関連書籍

サービスメニュー
ボディコーティング
カーフィルム
ルームクリーニング
アルミホイールコーティング
ウィンドコーティング
ポリッシング
■板金塗装(準備中)

洗車と車のQ&A
■Q&Aはこちらからどうぞ

リンクのページ
■リンク集はこちらからどうぞ

弊社は基本的にリンクフリーです。相互リンク等の詳細に関しては該当ページを確認ください。

ご注意
ニュースリリース
特定商取引に関する表記
会社概要
プライバシーポリシー
HOMEQ&A用品
・はじめて車を自分で買いました。できるだけ大事にしたいので自分で洗おうと思うのですがその際にどんな道具が  必要かわかりません。教えてください。
・お店に頼むより自分で洗車したほうが節約にもなるし、綺麗にできると聞きましたが、洗車スペースが無い場合は何 所で洗車すればいいのですか?また、洗車に必要なものは?教えてください。

・洗車で使ったウエスはその後どうしたらいいでしょうか?スポンジとウエスと極細繊維クロスですが、、、、、、

 Q&A 洗車で使う用品


洗車のツボQ&A 洗車で使う用品

・はじめて車を自分で買いました。できるだけ大事にしたいので自分で洗おうと思うのですがその際にどんな道具が必要かわかりません。教えてください。

最低限必要なものを申し上げます。

まず水、これが無ければ洗車は不可能といっても過言ではありません。
次にバケツ・カーシャンプー・洗車スポンジ・水分ふき取り用のウエス(2枚)・ネルウエス(数枚)・小さなスポンジ・極細繊維クロスと言ったところでしょうか。

勿論凝った洗車をしようとすればもっともっと必要なものはあります。
あくまで最低限なものとしてお考えください。

水はもしできれば水道局などで聞いてみて自分が住んでいる地域の水がどの取水源から取られているのか分かるといいですね。

水の取水源によって洗車に適さない場合がありますから。

バケツは自分の使いやすい物でいいでしょう。
洗車スポンジや小さなスポンジなど発泡目の均一なものが使いやすいと思います。

水分拭取り用のウエス、いわゆる吸水クロスですがこれは必ず2枚用意されることをおすすめします。1枚はボディやガラス専用とし、もう一枚はホイールやドアの内側など汚れが多いところ向けにしてボディに汚れを移さないようにするためです。

小さなスポンジもホイールや下回り専用に使い、きれいなボディやガラスに使わないようにしてください。

ネルウエスはいろいろな用途に使えます。隙間の部分に残った水分をポイントで吸い取ったり
いろんな液剤と組み合わせて使ったりと言う感じですね。
液剤に関しては車の状態によって使うものが変わるので別のページで見てください。

極細繊維クロスは窓ガラスやボディの仕上げぶきには必需品ですね。

これもできればガラス用とボディ用があると便利ですが結構高いのでちょっとそろえるのはつらいかもしれません。

これぐらいが最低限必要なものですね。

お店に頼むより自分で洗車したほうが節約にもなるし、綺麗にできると聞きましたが、洗車スペースが無い場合は何所で洗車すればいいのですか?また、洗車に必要なものは?教えてください。



洗車スペースに関しては地域によっては非常に深刻な問題です。
コーティングを施されている方の中にもマンション住まいの方が多く悩まれている
ようですね。
車は勿論自分で洗車するのがベストですがスペースが無い場合は洗車機もやむをえないかも知れません。

最近はセルフのスタンドでも洗車機を併設しているところが多く、比較的安価で利用できます。洗車機を利用する場合はブラシ式洗車機は避け、できるだけスポンジクロスや布の洗車機を使われることがボディへのダメージを軽減できます。
最初は洗車機のシャンプー洗車のコースで大まかな汚れを落とし、スタンドの空きスペースなど場所を移動して細かな部分を手洗いしましょう。

その際に必要なものはバケツ、洗車スポンジ、スプレーボトル、シャンプー液、ふき取り用吸水クロス、細かな部分を洗浄する小さなスポンジなどです。

洗車機から出てから洗い残しの部分をシャンプー液を入れたスプレーボトルでシャンプー液をふきかけながら洗車スポンジなどで洗っていきましょう。

あらかじめバケツに水を汲んでおき、シャンプーが乾かないうちに流しましょう。
洗いのこしが無いように全体をチェックしたら吸水クロスなどで水分をふき取ります。

よく、洗車機から出てそのまま走行される方がいますが、かえってほこりをつけることになりますのでやめたほうがいいと思います。




Copyright (C) 2002-2015 Linkbeautycars .ltd All Rights Reserved