これを使えば新車復活!そんなものはありません。洗車の極意をすべて見せます。洗車のツボ
Produced by Linkbeautycars
HOME ITEM SERVICE COMPANY PRIVACY SHOPLOW PROFILE ショッピングカート
無料メールマガジン
「洗車の裏ツボ」
表の洗車のツボではあらわにできない話題をあなたにお届けします。
詳細・登録はこちらから
よくある洗車の誤解やすぐに使える即効テクニック。さらに弊社がお届けする新開発商品の無料モニターなど裏ツボ会員だけが受け取れるメリットが満載。



洗車アイテム
ケミカル
スポンジ
ウエス
スーパーワックス
ウィンドウ関連
コーティング剤その他
洗車関連書籍

サービスメニュー
ボディコーティング
カーフィルム
ルームクリーニング
アルミホイールコーティング
ウィンドコーティング
ポリッシング
■板金塗装(準備中)

洗車と車のQ&A
■Q&Aはこちらからどうぞ

リンクのページ
■リンク集はこちらからどうぞ

弊社は基本的にリンクフリーです。相互リンク等の詳細に関しては該当ページを確認ください。

ご注意
ニュースリリース
特定商取引に関する表記
会社概要
プライバシーポリシー
HOMEQ&A手順
・こんにちは!いつも、あまり考えなしに車を洗ってるんですが、場所的にどこから洗うと良いとかって、あったりするものなんでしょうか?

 Q&A 手順


洗車のツボQ&A 洗車の基礎知識

こんにちは!いつも、あまり考えなしに車を洗ってるんですが、場所的にどこから洗うと良いとかって、あったりするものなんでしょうか?



一般的にはまず一番高い天井から洗っていきましょうと言われています。
これは低い所から洗っていくと天井を洗うときにシャンプー剤や泡に混ざった汚れが先に洗った低いところに流れてしまい二度手間になるので効率の面から考えてこういわれているようです。

しかし、車は常に走っているものであり、最も汚れやすいのは足回りをはじめとする一番低いところです。ですからホイールやホイールハウスのひどい汚れを先にしっかりと洗っておくことでひどい汚れをボディに移してしまうのを防ぐことができます。

また、ホイールハウスに泥などがついている場合なども先にブラシやスポンジで落としてからボディの洗いに入るのが鉄則です。
ボディ用のスポンジで泥や砂を拾ってしまうと車全体が小キズだらけになってしまいます。

ですから順番としてはホイールや足回り⇒天井⇒ボンネット・トランク⇒サイドパネル⇒前後バンパーといった具合でしょうか。

足回りを先に洗うメリットとして、気温が高いときはボディやガラスに水滴を残したまま足回りに時間を掛けなくて良いということがあります。つまり先にボディを洗ってしまい水滴を残したまま足回りを洗ってしまうとその水滴が乾いてしまってウォータースポットの原因となることがあるのでそれを防ぐことができるということです。

洗車においては洗った後すぐに水分のふきとりに入らなければなりません。それが車をきれいに仕上げるコツのひとつですし、ふき取らないままほうっておくのは先のウォータースポットの原因となるため絶対に避けなければいけません。


できれば洗うスポンジはそれぞれボディ用と足回り用で2つ用意しましょう。



Copyright (C) 2002-2015 Linkbeautycars .ltd All Rights Reserved