これを使えば新車復活!そんなものはありません。洗車の極意をすべて見せます。洗車のツボ
Produced by Linkbeautycars
HOME ITEM SERVICE COMPANY PRIVACY SHOPLOW PROFILE ショッピングカート
無料メールマガジン
「洗車の裏ツボ」
表の洗車のツボではあらわにできない話題をあなたにお届けします。
詳細・登録はこちらから
よくある洗車の誤解やすぐに使える即効テクニック。さらに弊社がお届けする新開発商品の無料モニターなど裏ツボ会員だけが受け取れるメリットが満載。



洗車アイテム
ケミカル
スポンジ
ウエス
スーパーワックス
ウィンドウ関連
コーティング剤その他
洗車関連書籍

サービスメニュー
ボディコーティング
カーフィルム
ルームクリーニング
アルミホイールコーティング
ウィンドコーティング
ポリッシング
■板金塗装(準備中)

洗車と車のQ&A
■Q&Aはこちらからどうぞ

リンクのページ
■リンク集はこちらからどうぞ

弊社は基本的にリンクフリーです。相互リンク等の詳細に関しては該当ページを確認ください。

ご注意
ニュースリリース
特定商取引に関する表記
会社概要
プライバシーポリシー
HOMEQ&A基礎知識
手洗いが面倒なのでスタンドにある洗車機を使ってるんですが、洗車機での洗車って、、、、、、
・洗車機についての質問がありましたが、私も洗車用のスペースや時間的な問題でガソリンスタンド等
 の洗車機をよく利用しています。そこでふと思ったのですが、、、、、、、

・洗車スペースが無い場合は何所で洗車すればいいのですか?

 Q&A 基礎知識


洗車のツボQ&A 洗車の基礎知識

いつも楽しく拝見してます。私はいつも、手洗いが面倒なのでスタンドにある洗車機を使ってるんですが、洗車機での洗車って、プロの目から見てアリなんですか、ナシなんですか?やっぱり知らないうちに細かいキズがついてるんですかね。


洗車という作業は本当に大変ですね。でもご自分の家は最低でも数日に1回、多い人だと毎日掃除されますよね。
これは家や車など自分が使っているものをどのように考えているかだと思います。
洗車機での洗車がいいか悪いかよりも、ご自分が洗車機での洗車がOKかどうかだと思います。

まず自分が手洗いで洗車する場合はすべての用具が自分専用で自分の好みのものが選ぶことができます。そして、今日はワックスもかけようとか、洗車だけでおわらせようと か自分で判断できます。

一方洗車機での洗車もコースを選ぶことができます。水洗い、ワックス洗車、コーティング洗車など自分で洗車するときと同じです。

では道具はどうでしょうか?洗車する店は選べても洗車機という道具は選べません。
現在の洗車機はブラシではなくスポンジクロスや布などキズに対して配慮をしたものが 主流になりつつあります。
しかし、自分が洗車する前に泥や砂まみれの車が洗車していたらどうでしょうか?
スポンジクロスや布が砂まみれになっている可能性もあります。そんな場合は後から入れる自分の車に影響がないとは言い切れません。

また、自分は水洗いをしたいのに前の車がワックス洗車やコーティング洗車を選んでいたらどうでしょうか?
洗車機のクロスやスポンジにワックスやコーティングの成分が残っていたら、自分がしているワックスやコーティングと相性が悪く、みょうな斑点ができないとも限りません
こんなことはあまり気にしないよ ということであれば洗車機での洗車は何の問題もありません。でも、そういった可能性はなるべく排除したということであれば洗車機での洗車はNGということになります。

私自身は洗車機での洗車は否定してはおりません。ただプロフェッショナルとして、最高級のコーティングを施工されているお客様に洗車機で洗車してくださいとは絶対に言いません。

要は自分の考え方次第なのではないでしょうか。

以前洗車機についての質問がありましたが、私も洗車用のスペースや時間的な問題でガソリンスタンド等の洗車機をよく利用しています。そこでふと思ったのですが自分の自宅や職場周辺には、よく見かける布やスポンジクロスで洗車を行うタイプと、高圧で水やシャンプーを吹き付け水圧のみで洗車を行うタイプのものがあるようですがそれぞれの長所と短所などありましたら教えてください。

また、洗車機を利用した後の拭き上げ時の注意点等もありましたらお願いします。


洗車機は昔はナイロンのたわしのようなブラシでしたが今は塗装にやさしくなってきていますね。

ご質問のようにスポンジなどはその典型的な例ですし、布についても傷つきにくい特殊な構造の布を使っているものがあります。

現在ではこれらのものが主流でいわゆるブラシ式洗車機と呼ばれています。

一方高圧水やシャンプーを高圧で吹き付けて洗車を行う洗車機があります。
これらは直接ボディにタッチするブラシが無いのでノンブラシ洗車機と呼ばれています。

ブラシ式洗車機の長所は直接ブラシがボディにタッチしますので汚れは勿論良く落ちます。
一方ブラシの形状をすべての車に合わせることができるわけではないので洗いのこしてしまう部分が車によってはできてしまうことが欠点です。
そのほかに前にワックス洗車のコースをしているとあとから水洗いのコースを選んでも水がはじいてしまうという現象もあると思います。
ボディコーティングをしている車を洗車機に入れにくいのはこのようなことが予想されるからです。

ノンブラシ洗車機の場合は直接何かが触れるわけではないのでキズがつく心配はありませんね。これが長所です。

短所としてはいくら高圧の水を噴射しようが落ちない汚れは必ず出てきます。
泥汚れなどのついた車などではノンブラシ洗車機では対応できないでしょう。
また、ロードスターなどを代表とするオープンカーではソフトトップとドアガラスの圧着が弱くそこから車内に水が浸入することも考えられます。

私自身はノンブラシにもブラシ式にもまだまだ改良の余地は多いと思っています。

洗車を使う場合はその洗車機の足りないところを認識して使うことだと思います。

ブラシ式では洗い残しが出ることを想定してシャンプー液をあらかじめスプレーボトルなどにつめておき洗車機の洗車が終わったらすぐ洗い残しの部分を洗うなどの配慮は必要ですね。

ノンブラシを使うときは使う前段階に注意しなければいけません。
ワックスもコーティングも施されていないのにいきなりノンブラシでは汚れは落ちないと思ってもいいでしょう。

機械は人間が使うものであって何でも機械がすべてをやってくれるものではありません。そこのところを頭に入れておけば洗車機は結構いいものかもしれません。

ふき取りに関しては柔らかいスポンジ吸水クロスなどを使って手早く水分をふき取るのがみそですね。特に水分に含まれる珪素がガラスに付着しないように水分が乾ききる前に窓は絶対にふきあげてください。

白く残ってガラスクリーナーでもふき取れなくなりますから。


自宅で洗車をしたくてもできない方は洗車機に頼るしかありませんね。上手に使いましょう。


お店に頼むより自分で洗車したほうが節約にもなるし、綺麗にできると聞きましたが、洗車スペースが無い場合は何所で洗車すればいいのですか?また、洗車に必要なものは?教えてください。


洗車スペースに関しては地域によっては非常に深刻な問題です。
コーティングを施されている方の中にもマンション住まいの方が多く悩まれている
ようですね。
車は勿論自分で洗車するのがベストですがスペースが無い場合は洗車機もやむをえないかも知れません。

最近はセルフのスタンドでも洗車機を併設しているところが多く、比較的安価で利用できます。洗車機を利用する場合はブラシ式洗車機は避け、できるだけスポンジクロスや布の洗車機を使われることがボディへのダメージを軽減できます。
最初は洗車機のシャンプー洗車のコースで大まかな汚れを落とし、スタンドの空きスペースなど場所を移動して細かな部分を手洗いしましょう。

その際に必要なものはバケツ、洗車スポンジ、スプレーボトル、シャンプー液、ふき取り用吸水クロス、細かな部分を洗浄する小さなスポンジなどです。

洗車機から出てから洗い残しの部分をシャンプー液を入れたスプレーボトルでシャンプー液をふきかけながら洗車スポンジなどで洗っていきましょう。

あらかじめバケツに水を汲んでおき、シャンプーが乾かないうちに流しましょう。
洗いのこしが無いように全体をチェックしたら吸水クロスなどで水分をふき取ります。

よく、洗車機から出てそのまま走行される方がいますが、かえってほこりをつけることになりますのでやめたほうがいいと思います。



Copyright (C) 2002-2015 Linkbeautycars .ltd All Rights Reserved