これを使えば新車復活!そんなものはありません。洗車の極意をすべて見せます。洗車のツボ
Produced by Linkbeautycars
HOME ITEM SERVICE COMPANY PRIVACY SHOPLOW PROFILE

無料メールマガジン
「洗車の裏ツボ」
表の洗車のツボではあらわにできない話題をあなたにお届けします。
詳細・登録はこちらから
よくある洗車の誤解やすぐに使える即効テクニック。さらに弊社がお届けする新開発商品の無料モニターなど裏ツボ会員だけが受け取れるメリットが満載。

洗車アイテム
ケミカル
スポンジ
ウエス
スーパーワックス
ウィンドウ関連
コーティング剤その他
Rコレクション(プロ)
洗車関連書籍

サービスメニュー
ボディコーティング
 PGSカイザーU
カーフィルム
ルームクリーニング
アルミホイールコーティング
ウィンドコーティング
ポリッシング
■板金塗装(準備中)

洗車と車のQ&A
■Q&Aはこちらからどうぞ

リンクのページ
■リンク集はこちらからどうぞ

弊社は基本的にリンクフリーです。相互リンク等の詳細に関しては該当ページを確認ください。

ご注意
ニュースリリース
特定商取引に関する表記
会社概要
プライバシーポリシー
HOME>プロフィール


 


 弊社代表 鳥井秀明

こんにちは有限会社リンクビューティーカーズ代表の鳥井です。

わたしは平成5年にこのディティール業界に飛び込み、はや23年目に突入いたしました。
12年目の2004年7月に会社組織の改変しそこからももう15年が経過しました。
この23年間の車を取り巻く現状は激しいと言ってもいいくらいの変化に見舞われ、ほとんどの方がただ安くあればよいと考える風潮が蔓延しました。

周辺のプロショップは撤退を余儀なくされ次々と弊店に追い込まれていったのをまのあたりにし、ここまでやってこれたのは紛れも無く弊社をご愛顧いただいたお客様のおかげです。

なぜ、ここまで続けることができたのか、それは
私がずっと心の内に持っていた若い頃の思いに皆様がご共感いただいたからにほかありません。

その内容は下記に記してあるのでご興味がございましたらお読みください。
この思いを実現させるために私どもは洗車の領域において2つのことを実践してきました。

 ひとつは 弊社で一旦使用またはテストしたものしかお客様に提供しないこと

 もうひとつは できうる限り環境に負荷を与えない商品を選別しお客様に提供すること

この2つです。

弊社の商品は商品点数は少ないですが厳選された一級品ばかりです。安心してご利用ください。
ただし、正確なご利用をいただけない方や保管がいい加減な方へは販売をお断りすることがございます。
あらかじめご了承ください。


はじめまして 洗車のツボ代表の鳥井秀明です。

私はサラリーマンから平成5年7月にカービューティープロに転進し、以降毎日毎日コーティングやフィルムの仕事をしております。特にコーティングには思い入れがあります。

それはさかのぼること26年前になりますが、私は東京の方で住んでおり、ある弁護士事務所にお世話になっていましたが両親がともに心筋梗塞で倒れ、とくに父が重症でやむなく実家に戻らざるを得なくなりました。

実家は滋賀県で琵琶湖のほとりにあります。
皆さん驚かれますが家のすぐ裏は普通に海水浴(湖水浴?)もできる小さな浜辺になっています。
私の小さなころはその浜辺からちょっと有名な海水浴場まで泳いでいったり、琵琶湖にしかいない子鮎やボテという魚を釣って遊んでいました。時には近所のおばさんが野菜を洗いにくるほどきれいな水でした。

水面からは底に白い砂地が所々に見え、鮎やオイカワ、先ほどのボテなどがちょろちょろと泳ぎ回っています。

勿論海水浴場として整備されていたわけではなかったのでところどころに藻がはえ、大小の石が湖底に転がっており決して泳ぎやすくは無かったですが本当にきれいな浜辺でした。

しかし、先の事情で6年間過ごした東京を離れ、家にたどり着いてみると状況は一変していました。
実際は父が結局助からず、他界しましたのでその葬儀を終えた後に感じたことですが、あのキレイな浜辺には26年前のあの面影は全くありませんでした。

浜辺に近い水面にはまるで狂ったかのように一面に藻が生え埋め尽くしています。鮎もボテも泳ぐ姿は見えず浜辺には半分腐ったブラックバスがそこかしこに打ち上げられていました。異臭がし、そこにいるのもいやになるほどです。

このときにいつか少しでもいい環境に負担のかからない、環境にやさしい仕事がしたいという思いがかすかに芽生えました。

一方父の死の直前にとある金融会社のサラリーマンとして働いていたある日、コンビニで一冊の本を手にしました。
そこにはカービューティープロの受講生募集の広告が載っていました。そこには見慣れない言葉が書いてありました。

コーティングで独立しませんか?と

私はその本を買ってすぐにコーティングという言葉を調べ始めました。当時はインターネットもありませんでしたのでいろいろな本を借りてきて読み、そこにはフッ素コーティング防汚コーティング、ワックスとは違い熱に強い、建物などの清掃費用の軽減油害の軽減という言葉がありました。

当時のワックスは特に熱に弱く、熱にさらされた後雨などが降ると流れ落ちてしまい周囲の環境に良くなかったのです。

よし少しでも油害を減らせるようにコーティングを通じて環境に貢献しようと思った私は大きな設備もいらない車のコーティングからこの分野へ入っていくことにしました。

少しづつディーラーなどのお客様もつき、平成12年からはイエローハットとも契約し、現在は5店舗ほどを任され現在に至っています。







Copyright (C) 2002-2015 Linkbeautycars .ltd All Rights Reserved