昆虫は人の生まれるはるか以前に地球上に生存していました。しかし、人間にとって時には生理的なだけではなく、実害として被害を与える昆虫も存在します。自然への影響は最小限に、そして人にも優しい、そんな理にかなった防虫忌避剤がヒバウッドシリーズとその周辺用品です。
ホーム 会社概要 サイトマップ 特定商取引法表示
トップ>リアルタイムテスト
バグリアシリーズ
ヒバウッドシリーズ
ムシサラバイ 
防虫ネット
噴霧用品
トルネードシステム
マイクロミストスプレー
使い方のコツ
バンガード  
 蛍光灯飛散防止・防虫チューブ
■徘徊昆虫用忌避剤
 虫番
 ヘビ・ムカデよせつけナイス
特定商取引法の表記
防虫忌避関連お問い合わせ

他のカテゴリーへは下記から
トップページへ
会社概要
プライバシーポリシー


当社商品の配送は下記運送会社へお願いしています。
・ヤマト運輸
送料についてはこちら


当ホームページに記載の写真、商標、イラスト、文章を無断で複製・転載することは固く禁じます。
販売者
520−0106
滋賀県大津市唐崎3丁目20−4
有限会社 リンクビューティーカーズ
TEL 077−579−6209
このページはメルマガ読者と一緒に防虫忌避剤の効果を検証していくページです。カーポートに防虫忌避剤バグリアを施工しました。一番最初の清掃前はクモの巣だらけ、虫だらけのひどい有様です。

このカーポートを清掃し、弊社防虫忌避剤を施工しました。さていったい効果は出るんでしょうか?
一定の期間ごとに写真を掲載していきます。ご期待ください。




清掃前の状況

写真では見にくいですが白く見えているところだけでなく縦横無尽にクモの巣が張っています。

このカーポートを真ん中のはりを中心として右側を防虫忌避剤で施工します。
ちょっとわかりにくいので拡大写真でお見せしますね。

左の写真がカーポートの一番左端、右の写真が一番右端になります。
どちらも1年ほどほうってあるのでひどいクモの巣です。


清掃後

清掃して防虫忌避剤を噴霧しました。
日付は2007年6月6日(水曜日)です。これからできるだけ写真をアップしていきます。
清掃してカーポートの右半分に防虫忌避剤を施工しました。左側は清掃しただけです。
施工に関しては特別な機材は使わず普通のスプレー(キャニヨンスプレー)を使いました。


2007年6月7日

1日経過しました。
ほとんど変化はありません。未施工の左側もきれいなままでした。


2007年6月8日

まだ変化は見られません。


2007年6月9日
まだ変化は見られません。
しかし、面白いところで変化が現れました。下の写真ですがカーポートを向きを逆にして撮った写真です。
向きが逆ですので右と左が反対に写っていますが未施工サイドにクモの巣が貼りはじめました。
緑の円で囲んだところです。ちょっと見にくいですが確かに小さなクモの巣が貼っています。

一方施工したサイドでは全く見られませんでした。見てのとおりすぐ下にプリペットがはえていますので影響が大きかったのかもしれません。



2007年6月12日
施工して7日目です。 写真を撮り続けているサイドではまだ変化は見られません。

しかし、またまた面白いところで変化が現れてきました。施工をした右側のサイドですがとんでもないところにクモの巣が張っていました。その写真がこれです。
・この駐車場では右側に赤い車をおき左側にシルバーのワンボックスを置いています。
清掃しただけの左側には施工して4日目に一部クモの巣がつき始めましたが右側には無いなあと思いながら眺めていると駐車場の周りに生えている木と車のリアガラスに糸を渡してクモが巣を作っていました。

なぜこんなところにと思ったのですが施工した右側のカーポートには近づけないので、仕方なくこんな低いところに作ったんだと思います。 近づこうにも近づけないこれが忌避剤の本来の姿でしょうか?



2007年6月13日
施工8日目です。 さすがに変化は顕著になってきました。
施工面の右側には変化ないですが左側にはところどころクモの巣が張り始めました。非常に小さなものですのでわかりにくいのですが全体で3箇所ほど左側の未施工部分で見受けられました。

そのうちの1箇所 毎回撮っている左のすみに張っているので拡大して見ました。

まだ写真ではわかりにくいのですが青い矢印部分のところに小さく張っています。後ろの未施工部分のクモの巣は最初は小さかったものが徐々に大きくなり始めています。
つまり、
クモの巣は多きいものが突然張り始めるのではなく、小さなものから張っていって徐々に範囲を拡大するものだということがわかりました。
ということはいわゆる割れ窓理論と一緒でほうっておけばおくほど加速的にクモが集中するものだということがこの実験で実証されたということです。



2007年6月17日
施工12日目です。 未施工部分で前回撮ったときより一気に5箇所へとクモの巣が張っている箇所が増えました。

未施工部分で最初に張りはじめたクモの巣が徐々に大きくなりました。もうこのサイズの写真でもはっきりと写ります。



2007年6月19日
施工14日目です。 未施工部分では相変わらずクモの巣の数が増えていますが、施工した右側部分では全く張っていない状況が続きます。


未施工部分で最初に張りはじめたクモの巣が完全に大きくなりました。上の写真では小さく写っていますが張った部分を拡大して見ました。



2007年6月29日
施工24日目です。 未施工部分では相変わらずクモの巣の数が加速度的に増えています。、施工した右側部分では撮影対象にしているところは張っていませんがポールととゆの間に1箇所小さな巣が発生しました。



未施工部分ではあちこちに発生が始まりました。数えたところ全部で12箇所になりました。上の写真はその一部です。施工部分では現時点で1箇所です。
この時点で発生している理由としては梅雨の時期という影響があると思われます。ここ1週間は断続的に雨が降っていたのですこし定着分が流された可能性があります。


2007年7月9日
施工35日目です。 未施工部分ではクモの巣の数が増える加速度が急激に増しています。下の写真の中央に見える小さなクモの巣が怒涛のように増えています。一旦清掃しても1ヶ月ほうっておくと元通りになるのが良くわかります。

こういった現象を防ぐためには2週間に1度程度しっかりとした清掃が必要ですが防虫忌避剤を施工したところはまだ全く巣がはっていませんので清掃費だけでも馬鹿にならない差になることになります。





2007年7月11日
施工37日目です。 未施工部分ではもう普通にクモの巣だらけです。

下の写真では未施工部分を写していますがどのハリの交差部分にも巣ができ始めています。





2007年7月15日
施工40日目です。 未施工部分ではもう普通にクモの巣だらけです。施工部分にも小さなものが2個発見されました。

下の写真では未施工部分を写していますが完璧に大きな巣が写る様になりました。




2007年7月20日
施工45日目です。 未施工部分では上のように虫が巣に絡まっているようにまで成長しました。一方施工部分ではまだ発見は2個だけの状態が続いています。。




2008年2月29日
丸々8ヶ月が経過しました。 予想だにしなかった結果が出ましたのでご報告します。

防虫忌避剤は本来条件が良くて3ヶ月程度の効果をうたっています。上の写真はずっと掲示しているように右が施工した側の写真左が施工していない側の写真になっています。

我々自身も驚いていますが右側の写真にも角にはくもの巣が貼っていますが、左側の写真はつまり未施工の側の写真には角だけではなくほぼ一面にクモの巣が貼っています。

すでに施工後8ヶ月が過ぎているのである意味驚くべき事実です。

このカーポートに対する施工は1回こっきりなので正直ここまで差が現れるとは思っても見なかったのです。

さらに大きめの別の角度からの写真でお見せします。
施工していない部分の写真

この写真だとクモの巣の貼り具合が良く分かると思いますがびっしりとクモの巣で覆われています。

施工済みの部分の写真
一方施工した側は角の部分にだけ小さく貼っているのが良くお分かりいただけると思います。

この実験で1回での散布だけでもこれだけの効果があり、完全に忌避したい場合はその季節などにもよりますが2ヶ月から3ヶ月に1回程度でいいことがお分かりいただけたかと思います。

このページの一番上に戻る↑
Copyright (C) 2002-2015 Linkbeautycars .ltd All Rights Reserved